音楽のチカラを使ってメンタルを変える方法


 

 
ミュージックセラピーには
 
同質の原理
 
なるものが存在します。
 
 
同質の原理とは
 
癒されるために
 
自分のココロの状態と
音楽の曲調は
同質のものであること
 
というものです。
 
 
 
 
 
 
たとえば一般的には
 
なんだか悲しくて
涙が出てきたわ。
だから
元気な音楽を聴いて
気持ちを元気にするぞ!
 
と言う風に
考えがちかもしれませんが
 
 
 
いまの自分の気持ちと
聴く曲調に
ギャップがあればあるほど
ストレスが大きくなるのです。
 
 
 
 
ですので
 
悲しいときに
元気いっぱいの曲を聴くと
ただうるさくて
たまらない音楽だと感じるだけで
悲しみから解放されることは
ありません。
 
 
 
 
気持ちを変えるために
音楽を使う際のコツは
今の自分の気持ちと同質の音楽を
まず
聴くことです。
 
 
 
 
 
 
 
悲しいなら
悲しい曲調の音楽。
 
怒りがあるなら
怒りを含むような曲調の音楽。
 
 
 
 
そのようにして
 
まずは
 
自分の心と音楽を
つなぎます。
 
 
 
しっかりとつながったところで
徐々に
曲調を変えていくのです。
 
 
 
 
悲しい曲調から
元気な曲調へ。
 
怒りを含んだものから
癒しの旋律へ。
 
 
 
音楽と心が
つながっているわけですから
音楽の変化とともに
 
自然と心が
その変化の方向に
導かれていきます。
 
 
 
 
音楽のチカラを使って
気持ちや気分を変えたいときには
ぜひ
参考にしてくださいね^^
 
 
 
表現力のある話し方を
したい方はコチラ
http://kando-voice.com/?p=19 

受講者を感動の空気で包み込み、巻き込み、惹きつける 村松由美子の感動ヴォイスメールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事