ミス・コミュニケーションを防ぐための工夫


 

時間を表す言葉は
たくさんある。
けれど
言葉はあいまいなことが多いので
具体的な数字などで
伝えていくほうが
ミスコミュニケーションが少ない。
 
 
そんなことをお話しして
 
「ただちに・すぐに」
「のちほど」
「後日」
 
それぞれの言葉に対する
あなたの時間感覚を
具体的な数字に
していただいていました。
 
 
 
そこで
 
ある電話のお仕事をされている
組織での
時間の目安をお伝えします。
これが正しいというワケでは
ありません。
 
あくまでも参考です。
 
 
「ただちに・すぐに」・・5分以内
「のちほど」   ・・30分以内
「後日」    ・・48時間以内
 
 
 
 
 
 
この言葉以外にも
3つほど。
「少々・少し」 ・・2分以内
「折り返しお電話」・・30分以内
「明日」    ・・24時間以内
 
 
 
この基準をもっていると
チームでいろいろ工夫ができます。
 
 
たとえば
「お調べしまして
折り返しお電話します」
と言って
本当に調べているけれど
30分超えるぞ
と分かったら
そのまま放っておかないのですね。
 
 
30分経過するまでに
1本電話を入れる。
相手の安心感のためです。
 
 
「お調べしておりますが
もう少々時間がかかりそうです。
あと10分ほど
お待ちいただいても
よろしいでしょうか」
 
 
急いでなければ
人間、待てるものですね。
 
 
 
 
 
 
「なかなか電話がかかってこない。
いつまで待てばいいのだろう」
 
未来の予測が
つかないことに対して
人は不安になります。
その不安が
怒りに転化されることが多い。
 
 
ですので
 
「大切なあなたのことを
忘れてはいませんよ」
という安心感をもっていただく
良好な人間関係づくりのための
1本の電話なのです^^
 
 
 
わかりやすい話し方を
したい方はコチラ
 

受講者を感動の空気で包み込み、巻き込み、惹きつける 村松由美子の感動ヴォイスメールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事