声に対する自信は、身体の使い方を学ぶことから始まる


 

 

「身体の使い方」

こんなこと
考えたことはありますでしょうか。

 

身体って当たり前に
ココにあって

なんとなく自然に
日々使っている。

 

当たり前すぎて
あまり気に留めていない

と言う方が
多いのではないかと思います。
 

 

 


スポーツなんて

まさにそうですよね。

 

 

ランニングをしている友人が
言っていました。

 

走っていて足や腰を痛めたことがある。

だけれど

走り方を学んでから
故障しなくなった、と。

 

「走る」のは当たり前に
私たちはできてしまっているので

特に走り方など考えずに
ランニングなどもする。

 

 

ですが

知らないままだと
ネガティブなことが起こる可能性がある

 

 

走るには
走るためのフォームというものがあり

それを学ぶことで

とても快適に走ることができるようになる。

 

 

これは

声の出し方も同じですねぇ。

 

 

 

セミナー受講くださった方から
感想をいただきましたので
ご紹介させていただきます^^

 

 

 

【参加した感想】

 

声を意識した表現力を
高めたかったので
セミナーに参加しました。

 

 

セミナーに参加して

普段出せないくらいの
大きな声を出してみて

 

自分の声について
新たな発見がありました。

 

身体の使い方を
意識する必要性も分かり

 

これから毎日の生活で
取り入れていきたいです。

 

 

 

自分の話し方、声に自信がない方。
相手を動かす表現力が欲しい方に

このセミナーはおすすめです。

 

 

Y.Uさま
東京都 40代 男性
会社員

 

 

 

 

 

ありがとうございます!

 

とても優しい声に
パワーが宿りましやね!

ぜひそのエネルギーこもった声を

セミナーや商談に活かしてください^^

 

 

 

 

 

エネルギーのこもった声を
手に入れたい方はコチラ

 

 

 

 

受講者を感動の空気で包み込み、巻き込み、惹きつける 村松由美子の感動ヴォイスメールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事