プレゼンにおける無意識のクセを見つける


先日
ある方のプレゼンを
聴いていました。

 

話されている内容に
集中しよう

と思うのだけれども

集中できない・・・。

 

なぜかというと

 

身体を左右に
ユラユラ揺らしながら
話されているため

 

その動きがどうしても
気になって

意識がそちらに
もっていかれるからです。

 

身体の動きのクセです。

 

 

 

 

 

揺らしながら
話している方は

自分が揺れている

ということは
ご存じないと思います。

 

 

 

クセは無意識のものです。

 

 

今まで何千人の方の
プレゼンを見て聴ましたが

本当に
色々なクセがあります。

 

 

手で髪を触るクセ
首をかしげるクセ
せわしなく目線を動かすクセ・・・

話しの内容と
何らリンクしていない動きです。

 

 

色々ある中で

一番多いクセが

体重移動です。

 

 

左足に体重を乗せて~

右足に体重移動をして

そしてまた

左足に体重をかけて~

 

と身体が左右に何回も揺れます。

 

 

繰り返しがあると

見ている側は

ソコが気になり出します。

 

話しの内容に
集中しずらくなってしまう。

 

 

 

一方で

 

普段の会話の際には
そのようなクセはありません。

 

複数の方の前で話すときに
クセがでる

 

という方が多いです。

 

なぜ

複数の方の前で話すときにだけ
クセがでるのでしょうか。

 

 

 

 

緊張感が

そうさせます。

 

 

人間は緊張すると

身体を動かすことで

その緊張感を
解放しようとするのですね。

 

 

あなたも
一度ビデオに撮って

プレゼンの練習を
してみてください。

 

ビデオに撮る

ということも
緊張感を高めますね。

 

そして

 

自分をチェックしてください。

 

 

聴き手の集中力を
散漫にするような
無用なクセはないか。

あるとすると

どのようなクセか。

 

見つかったら
しめたものです。

 

それを止める。

 

または

 

ジェスチャーに変えて

心の内を表現していきましょう^^

 

 

私が実施している

感動プレゼンター養成講座や

企業へのプレゼン研修でも

必ずビデオ撮りをして

ご自身にクセの
チェックもしていただきます。

 

よりよいプレゼンにしていく
第一歩は

自分で自分を知ることです。

 

 

 

信頼される話し方を手に入れたい方はコチラ

http://kando-voice.com/?p=19

 

 

 


受講者を感動の空気で包み込み、巻き込み、惹きつける 村松由美子の感動ヴォイスメールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事