ジェスチャーと声はシンクロしている


 

 

「ジェスチャーってどのようにつければいいんでしょうか

 

というご質問をいただきました。
 

ジェスチャーがあると
より話が分かりやすくなるし
印象にも残りやすくなりますね。

 

 


 
 

ただ
 
一生懸命
 「伝えたい!」

 

この想いがあれば
自然とジェスチャーって
つくものでもありますね。
 
 
 
ちなみに

 

手をつかわずに
動かさずに
どなたかと1分間くらい
話しをしてみてください。
 
かなりツラいと思います。
 
 
声と手はシンクロしていて
手をつかわずに
話しにエネルギーを込めるのは
難しいのが人間なのです。
 
 
 

ジェスチャーのつけ方の
ヒントとしては
こちらです。

 

 
 

 

 

 

・手のひらを上に向けると
 オープンな印象
 (手の内を見せる)

 

・手のひらを下に向けると
 クローズ。
 あるいは、強い意志表示

 

・両手を横に使って
 時間的なスケールを表現

 

・身体の前で
 両手でボールを持つように
 大きさを表現

 

・左右の手を上下につかって
 高さを表現

 

・指を立てて数を表現
 
 

プレゼンテーションの際の
参考にしてください^^ 

 

 

 

表現力をつけたい方はコチラ
 
 

受講者を感動の空気で包み込み、巻き込み、惹きつける 村松由美子の感動ヴォイスメールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事