声のトーンや話し方で感情表現できることが 講師としての幅をひろげる


 

あなたは 声の質を何種類くらい お持ちですか?

 
 
「声の質なんて
何種類もあるのかな?」
という感じでしょうか。
 
 
 
 
 
 
CMのナレーションの仕事で
録音をする際に
 
マイクのあるナレーションブースに
座ると
 
ガラスの向こうにいる
ディレクターから
このような声が
かかってきたものです。
 
 
「じゃ、5種類やってみて」
 
 
 
 
声の質や話し方(読み方)を
5種類変えて
すぐにその場でやってみろ
ということです。
 
 
 
表現の幅を大きく持っていると
 
相手や場に合わせて
自在に最適なコミュニケーションを
とることができます。
 
 
 
 
 
セミナー受講くださった方から
感想をいただきましたので
ご紹介させていただきます^^
 
 
 
 

【参加した感想】

 
 
コミュニケーションが苦手なので
 
相手に
感動を与えられるようになりたいのと
表現ができるようになりたくて
逢いにきました。
 

セミナーを受講して

メンタルも良くなるということに
驚きました。
 
 
 
そして
声だけでなくて

その人自身を変容させてしまうことに
感動しました。
 
 

レッスン後の声を

「かわいい」と言ってもらい
すごく照れますが
嬉しく感じました。
 
 
 
先生が
相手のテンションを敏感に察知して
そこに合った
言葉や声の質に変えて
場の空気に調和がとれるように
 

愛情たっぷりに
コミュニケーションを
とっていたことが
印象に残りました。
 
 
 
このセミナーは
全ての方におすすめです。
 
感情を声のトーンで
表現できる
ということが
場に調和とバランスを生むことに
つながるのだと感じます。
 
 
 
 
女性 サービス業
 
 
 
 
ありがとうございます!
 
 
「かわいい声」は
本来生まれ持った声。
 
もっともっと
ご自身が生まれ持った魅力が
山ほどありますよ~。
 
 
大いに活かして
お仕事に・生きることに
飛躍していかれることを
楽しみにしています^^
 
 
 
 
3時間で声を変えたい方はコチラ
 
 
 
 

受講者を感動の空気で包み込み、巻き込み、惹きつける 村松由美子の感動ヴォイスメールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事