豊かな表情からは、豊かな表現力ある抑揚が生まれる


 

 

電話のオペレーターをされている方は
目の前に鏡を置いて お仕事をされている方が多い。

 
 
 
なぜか。
 

笑声で話をするため。
 
 
 
笑声とは
笑顔を感じる声のこと。
 
表情が笑顔でないと
笑声は出ない。
 
 
ということで
 
鏡で自分の表情チェックをしながら
お仕事をされているのですね。
 
 
 
 
 
 
謝罪の言葉をのべるときも同じで
 
真摯な表情をしていると
真摯な声のトーンが出る。
 
 
表情と声のトーンは
つながっているのですね。
 
 
 
 
声に表情がない
話し方に抑揚がない
と人から言われる方は
 
 
まずご自身の
表情をチェックしてみてください。
 
 
 
 
多くの場合
表情がほとんど変わらなかったり
硬かったりします。
 
 
 
表情の筋肉を使わないでいると
だんだん硬直して固くなり
動きづらくなり
さらに
無表情になっていきます。
 
 
 
柔軟な表情からは
豊かな抑揚が生まれます^^
 
 
 
 
 
セミナー受講くださった方から
感想をいただきましたので
ご紹介させていただきます^^
 
 
 
 
 

【参加した感想】

 
 
人前でしゃべる機械が増えるので
発声を学びたくて
セミナーに参加しました。
 
 
セミナーに参加し
すごく楽しかったです。
 
自分の声に
あまり表情がないのがわかりました。
 
 
 
表情の硬い方
これからセミナー講師になろうとする方に
このヴォイスセミナーはおすすめです。
 
 
 
 
 
T.Mさま
30代 男性
 
 
 
 
 
 
ありがとうございます!
 
より明瞭で力強い声が
会場を響かせましたね!
 
表現力も豊かで
人の心を動かす声だと思います!
 
 
 
 
 
 
 
豊かな抑揚ある声を
身に着けたいかたはコチラ
 
 
 

受講者を感動の空気で包み込み、巻き込み、惹きつける 村松由美子の感動ヴォイスメールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事