強調したい言葉にはアクセントを置く。それが、聴き手の理解につながる


 

 

何を相手に伝えたいのかという目的。

 

この軸をしっかり据えて
話す内容構成をしないと

 

話している間に
話しがあちこちに飛んでしまい

 

結局聴き手に

伝えたいことが伝わらない

という結果を生んでしまいます。

 

 

 

また

伝える内容が決まったら

話しの中のキーワードや
とても大事な部分

聴き手にぜひ覚えてほしいこと

については

 

強調して伝えないと

 

聴き手は「そこが大事だ」

と思わずに
 

頭の中をスルーして
しまうかもしれません。

 

 

プレゼンテーションを実施する際には

強調テクニックを使っていくことが
必要ですね。

 

 

 

 

セミナー受講くださった方から
感想をいただきましたので
ご紹介させていただきます^^

 

 

 

【参加した感想】

 

セミナーなど
人前で司会をしたり
プレゼンをする機会が多く

上手く伝えることができないため

セミナーに参加しました。

 

 

セミナー内容や先生の話は
すごく分かりやすかったです。

 

 

声のbefore afterの変化も実感し

 

何を相手に伝えるのかが
大事だということや

アクセントのつけ方なども

よく理解できました。

 

 

 

同業者や自分の仕事仲間にも伝えて
お薦めしたいです

 

 

 

 

A.Yさま
沖縄県 40代 女性
自営業(エステ・セッションなど)

 

 

 

 

ありがとうございます!

 

さらに女性らしい声に変化され

明るく表現力がつきましたね!

 

 

ぜひその声で

セッションや司会などで

大いにご活躍ください^^

 

 

 

 

 

表現豊かな声や話し方を
身に着けたい方はコチラ

 

 

 


受講者を感動の空気で包み込み、巻き込み、惹きつける 村松由美子の感動ヴォイスメールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事