声や話し方のコミュニケーションへの苦手意識はどこからくるのか


 

 

セミナーには本当に
たくさんのご職業の方が参加くださいます。

 

講師業の方のみならず

 

経営者、ビジネスリーダー
コーチ、セラピスト、カウンセラー
士業、インストイラクター
ライター、歌手、役者
医師、看護師、治療家・・・

挙げ切れないくらいです。

 

 

 

 

 

結論からいうと

 

どのような職業であっても

 
声は使い、言葉も使う。
コミュニケーションは欠かせない。

 

ということですね。

 

 

欠かせないものなのに

 

日本においては

声の出し方を学んだことがない

話し方を学んだことがない方が

 

圧倒的多数。

 

 

だからこそ

 

コミュニケーションに苦手意識が
強かったり

 

自分の声がきらいだという人が多いという
現象を生み出しているのですね。

 

 

声や話し方は
生まれつきのものではありません。

練習しだいで

必ず大きく成長していくものです^^

 

 

 

 

セミナー受講くださった方から
感想をいただきましたので
ご紹介させていただきます^^

 

 

 

【参加した感想】

 

仕事で自信をもって
話しができるように
なりたいと思ったため

 

セミナーに参加しました。

 

 

セミナーに参加し
とてもためになりました。

 

自分の声が嫌いでしたが
好きになれそうです。

 

声を出すのが楽になりました。

 

 

 

職場の友人や
セミナーを開催している人に

このヴォイスセミナーを
おすすめしたいです。

 

 

H.Sさま
東京都 50代 女性
団体職員

 

 

 

 

ありがとうございます!

 

より明るくて
響く声に変化されましたね!

 

相談を受けられる際には

ぜひその声を活かして

 

相手に寄り添い
力づけて差し上げてください^^

 

 

 

 

 

声に自信をつけたい方はコチラ

 

 


受講者を感動の空気で包み込み、巻き込み、惹きつける 村松由美子の感動ヴォイスメールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事