講師がセミナーや研修時に、伝えたいことを伝えるために まずすべきこと


 

 

どのようなセミナーや研修、
レッスンの場も同じかと思いますが・・・

 

講師が伝えたい

 

と思うことを

 

受講者の方々に
受け取っていただくために

 

 

セミナーや研修が始まったときに
まずしなくてはいけないことは
何だと思いますか?

 

 

 

 

 

「受講者の方々との
つながりをつくる」

 

というのが答えです。

 

 

 

本題に入る前に
ココロの距離を縮めて

 

講師が話すことを受け入れて

新たな行動を起こしていただくための

 

状態や場を創ること。

 

 

それができていなければ

 

講師側がいくら

伝えたいことを一生懸命
伝えたところで

 

聴き手側には多かれ少なかれ
壁がある状態ですので

 

 

話すことが聴き手の中に
なかなか入っていきません。

 

 

 

特に声を変えていただくような
セミナーやレッスン時は

本題の前につながりをつくることが
大切です。

 

 

 

緊張して
脳も含めた身体が硬い状態では

声は変わりようがないからです。

 

 

 

 

 

 

セミナー受講くださった方から
感想をいただきましたので
ご紹介させていただきます^^

 

 

 

【参加した感想】

 

仕事で声帯を痛めたので
正しい声の出し方を
根本的に学びたかったため

セミナーに参加しました。

 

 

セミナーに参加し

 

マジックと呼べるほどの変化が

 

自分を含めて
受講者の「声」に認められたので

本当に素晴らしいセミナーだと思いました。

 

 

 

村松先生は

 

表情が明るくて
教え方もユーモアがあって
親しみやすく

 

とても勉強になり
まさに感動しました。

ありがとうございました!

 

 

 

このセミナーは

 

人生をバージョンアップ
させたい人なら誰にでも
おすすめできます。

 

 

 

S.Sさま
静岡県 女性

 

 

 

ありがとうございます!

 

 

お褒めいただき
とても嬉しいです^^

 

誰からも愛される
人間性をお持ちのS.Sさん。

 

 

響く豊かたな声で

さらに聴き手を魅了していってください☆

 

 

 

 

 

響く豊かな声を
身に着けたい方はコチラ

 

 

 

 


受講者を感動の空気で包み込み、巻き込み、惹きつける 村松由美子の感動ヴォイスメールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事