いい声、悪い声。声の出し方が声の質を決める


 

声には人ぞれぞれの個性がありますね。

 

本来のその人の声に

 

いい声

とか

悪い声

 

というのは存在しません。

 

 

 

 

喉がつまって苦しい声

呼吸が浅くて小さく聞こえない声

表情がない淡々とした声

筋肉が使えていない弱々しい声

 

 

こういったものは

 

声の出し方

 

であって

 

その人の本来の声ではありません。

 

 

 

出し方を知ることで
 

その人本来のキャラクターが反映された
個性あふれる素敵な声が
生まれるのです^^

 

 

 

 

セミナー受講くださった方から
感想をいただきましたので
ご紹介させていただきます^^

 

 

 

【参加した感想】

 

自分の声が通りづらいのが悩みで

話すときに
聴いている側を元気にできるように
なりたいと思って参加しました。

 

 

セミナーに参加して
 

・声が出しやすくなった
・自分の人柄を出しながら
 音にできるようになった
・気持ちが前向きになった

 

 

 

自分の声で悩んでいる人
後ろ向きな人には

参加してもらいたいセミナーです。

 

 

 

W.Tさま
千葉県 男性 20代
スポーツトレーナー

 

 

 

 

 

ありがとうございます!

 

明瞭で
さらに力強い声が
生まれましたね!

 

トレーナーや治療のお仕事に
大いに活かしていってください^^

 
 
 
 
 
 
自分本来の声に出会いたい方はコチラ
 
 
 

受講者を感動の空気で包み込み、巻き込み、惹きつける 村松由美子の感動ヴォイスメールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事