声の印象を変えて自信をもつには、呼吸を豊かにすることが大切


 

「忙しくてアップアップだよ~」

なんてコトバがあります。

 

忙しくててんてこ舞い

息もゆっくりできない状態を

 

なんだかよく表していますねぇ。

 

 

 

 

プールの水の中で

口元まで水が来ていて

 

「アップ、アップ」

 

と一生懸命
息をしようとしている状態。

 

 

それと同時に

 

身体の重心が

上に上がって
しまっていることも

 

よく分かります。

 

 

 

複雑化する社会の中で
忙しい日々をすごす私たちは

昔の人に比べて

 

本当に
呼吸が浅くなってきています。

 

 

そして

身体をあまり使わずに
頭の中でいろいろ考えるようになり

 

身体の中の重心が上にあがり

 

「肝が据わらなく」

 

なってきています。

 

 

べストなパフォーマンスを
出すことができる
重心の位置は

 

お腹の奥

丹田と呼ばれる場所です。

 

まさに

声をだすときの要になる場所。

 

 

ここを使って声を出す習慣がつくと

 

「肝も据わる」

 

ことになるのですね^^

 

 

 

 

セミナー受講くださった方から
感想をいただきましたので
ご紹介させていただきます^^

 

 

【参加した感想】

 

緊張から声をだすと
喉が疲れてしまうのを
改善したかったため

 

セミナーに参加しました。

 

 

セミナーに参加して

 

声の印象が変わりました。

 

身体と心のつながりを実感しました。

 

話すときに
首に力点を置いていたことが分かり
今後にいかしていきたいと思います。

 

 

呼吸で声が変わるって
ビックリしました。

 

 

このセミナーは
声に自信がない方におすすめします。

 

 

男性 40代

 

 

 

ありがとうございます!

 

もともと響いていた声が

さらに

包容力をまして
大きく響きましたね!

 

どうぞかかわる方々を

その温かな声で包み込んでください^^

 

 

 

 

響く声を身に着けたい方はコチラ

 

 


受講者を感動の空気で包み込み、巻き込み、惹きつける 村松由美子の感動ヴォイスメールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事