話し方のクセを知り改善することが、人前で話すときの自信につながる


 

人前で話をしている方を拝見していると
本当に人それぞれ
個性あるクセをもっていることがわかります。

 

 

 

 

 

 

視覚的なものだと

 

身体の揺れ
体重移動
手で髪をさわる
目線が上を向く

 

などなど。

 

 

 

コトバのクセであれば

 

「えっと~」
「あの~」

 

が多いでしょうか。

 

 

 

 

 

繰り返されるから

クセといいます。

 

 

そのプレゼンターを見て
話しを聴いている側は

 

繰り返されるところが

とても気になってくる。

 

 

 

 

話しの内容に集中するよりも

意識が
そちらにもっていかれますので

 

あまり意味のないクセは
ないほうがいい。

 

 

 

だけれども

 

 

クセというのは
無意識でしているものです。

 

 

通常は自分にクセがあることすら
知らない人が圧倒的多数。

 

 

 

客観的に見て聴いて
フィードバックをくれる人の存在が
必要なのですね。

 

 

 

 

 

 

 

セミナー受講くださった方から
感想をいただきましたので
ご紹介させていただきます^^

 

 

 

【参加した感想】

 

自分の声に自信がなかったので
セミナーに参加しました。

 

 

セミナーに参加して

 

・自分の声に自信が持てた
・何より声の大切さ魔法に魅了された
・自分のくせも治していきたいと感じた。
(話し方・動作)

 

 

NLPの講師のタマゴたちに
このセミナーをすすめたいです。

 

 

大嶋裕之さま
東京都 男性 50代
会社員

 

 

 

 

ありがとうございます!

 

より優しく、力強く
さらにリーダーにふさわしい声が
誕生しましたね!

その声で部下の方々を
グイグイと引っ張っていってください^^

 

 

 

 

 

 

力強い声を身につけたい方はコチラ

 

 


受講者を感動の空気で包み込み、巻き込み、惹きつける 村松由美子の感動ヴォイスメールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事