セミナーの際に受講者が心を開き、いい場をつくるために重要なこと


 

セミナーを開催することになったとき

あなたは

どのような会場を選びますか?

 

 

もちろん

社内での研修などであれば
会場は選べない

ということもありますね。

 

 

「選べる」とすると

何をポイントにして
選ばれますでしょうか。

 

 

私には明確な答えがあります。

 

 

 

 

 

2014年秋口から

 

個人の方向けの
講座やセミナーも
たくさん行なうようになりましたが

 

企業研修講師業では10年選手。

 

 

多いときには

年間180回ほど

日本のどこかで研修を行ってきました。

 

 

 

そんな中で

 

どのような会場で研修をするのかとい

 

環境的な要因が
人の状態に与える影響の大きさを

 

感じることが多々ありました。

 

 

 

 

会場が選べる場合

重視することがあります。

 

 

それは・・・

 

 

 

 

 

 

 

窓の有無です。

 

さらに言うと

窓は大きいほうがいい。

 

 

外の光が入り込む部屋が

私にとって

優先順位が最も高くなります。

 

 

明るくて

外の風景が見えると

心が開放的になります。

 

 

研修やセミナー内で

受講者の方どうし

何かについて話をしていただくときも
 

活発に意見を交わされる割合が
高くなります。

 

 

窓がないと

意見が出にくくなります。

 

心を開きづらく
活性化しづらいのですね。

 

 

 

実際に
 

太陽の光を受けることで

脳内の神経伝達物質の出方が
活発になります。

 

蛍光灯の光では

その効果は期待できないのです。

 

 

 

「明るさ」 って

本当に大切なことなのです。

 

 

 

 

 

 

 

講師として聞き取りやすい声を
手に入れたいかたはコチラ

 

 

 


受講者を感動の空気で包み込み、巻き込み、惹きつける 村松由美子の感動ヴォイスメールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事