講師業で悩んでいる方からのご相談もよく受けます


 

 

講師業をされている方からの
いといろなお悩みをお聴きします。

 

たとえば
企業研修講師の場合

 

「受講者に
 受講の意思がないことが多くて・・・」

 

というお悩み相談もきます。

 

 

 

 

 

私も同じことで悩んでましたよ。

 

 

企業研修の際

研修会場に入ると

シーンとしている・・・。

 

ん?と受講者の方の表情を見ると

何やら怒っているようで

 

中には腕組みをして

講師をにらんでいらっしゃる方が・・・。

 

 

なんて場面は

まま、あります(笑)

 

 

こちらが言うことに対して
揚げ足を足られたり

怒鳴られたこともありますよ。

 

 

 

とにかく

研修に乗り気ではなのですね。

 

 

忙しいのに受講させられている

などの感覚がものすごく大きい場合

 

こんな雰囲気の中

研修はスタートします。

 

 

 

どんな状態であれ

 

 

講師は受講者の方々に

 

話すことを受け止めていただき

 

個人ワークで課題について
考えていただいたり

 

グループ討議をしていただいたり

 

全体発表をしていただいたり

 

 

しないといけません。

 

 

 

それが講師の役割。

仕事です。

 

 

 

 

研修講師をスタートした頃は

かなりナーバスになったり
困惑したり
傷ついたりetc.

しましたが

 

今は

 

「気持ちの持ちよう」
「経験の中で培ってきた対応方法」

 

などで深く傷つくことなく(笑)

 

 

自分のことも大切にしないと
倒れてしまうため

仕事も選択するようになりました。

 

 

 


 

 

ただ

 

そんなとにかくたくさんの人に会い

たくさんの個性を知って

そこに真剣に向き合い
試行錯誤で対応してきたからこそ

 

 

ものすごくたくさんのことを学び

進化した自分がいます。

 

 

 

 

どんな経験にも

ホントにムダはありませんね。

 

 

 

この約10年間
多いときで年間180日の登壇
約3万5000人の方と接した経験が

 

感動ヴォイスを生み

感動ヴォイスを進化させています^^

 

 

 

 

感動を生む声を身につけたい方は
コチラ

 

 

 


受講者を感動の空気で包み込み、巻き込み、惹きつける 村松由美子の感動ヴォイスメールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事