声をだすときに使う場所が、パフォーマンスをアップさせ、メンタルを安定させる


 

柔道・剣道・・・

などでは

 

帯を締めます。

 

 

なぜ帯を締めるのか

ご存じでしょうか。

 

 

 

 

をしめている位置は

 

まさに

 

おへその下あたりで

いわゆるインナーマッスルと言われる

 

丹田がある位置です。

 

 

 

この丹田に意識を落とすと

身体のパフォーマンスがあがり

 

頭もすっきりと明瞭になるのですね^^

 

 

 

 

日本人は昔
着物を日常的に来ていました。

 

 

昔の車夫の人の写真が残っていますが

 

どの人も皆

 

帯のところに親指を入れて

胸を開いて
大きな笑顔で微笑んで写っています。

 

 

意識が丹田のあたりにあった。

 

 

 

 

現代人に比べ

 

やはり

 

腹が据わっていた

腹力があったのではないかと

 

言われています。

 

 

 

声を出すときに使うのは

まさにこの丹田。

 

 

 

ここを使って
声を出す習慣をつけることが

 

腹力をつけることにもつながり

メンタル面の安定にもつながります^^

 

 

 

 

 

 

セミナー受講くださった方から
感想をいただきましたので
ご紹介させていただきます。

 

 

【参加した感想】

 

声の出し方を知りたいと思い

セミナーに参加しました。

 

 

セミナーに参加して

 

 

人は声を出すときに
どのような力をつかっているか等
知ることができました。

 

 

大きな声を出すことで
血行が良くなり

気分も良くなりました。

 

 

 

セミナーで話しをされる方に

このセミナーはおすすめです。

 

 

 

 

40代 女性

 

 

 

ありがとうございます!

 

豊に響く声が生まれましたね。

誘導瞑想の際に
とても合った声だと思います。

 

これからもその声で

たくさんの方を癒してください^^

 

 

 

 

豊かに響く声を手に入れたい方はコチラ

 

 


受講者を感動の空気で包み込み、巻き込み、惹きつける 村松由美子の感動ヴォイスメールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事