小柄なオペラ歌手に見る大きく響く声を出す秘訣


 

あなたは、
オペラ歌手
というと
どんな人をイメージしますか?
 
 
 
体格のいい
大きな身体をした人
というイメージが浮かぶ
 
と言う方が多いかなと思います。
 
 
 
 
ところがところが・・・
 
 
近頃のオペラ歌手には
とってもスリムな人
増えてきているのです。
 
 
 
そればかりか・・・
 
オランダの
歌の天才少女といわれている
11歳のアミラちゃん
をご存じでしょうか。
 
 
大人のプロ顔負けのオペラを
感情豊かに歌い上げ
欧米で人気者になっています。
 
 
 
 
 
 
11歳ですから
大人に比べると
身体はまだまだ小さい上に
とってもスリムです。
 
表情もあどけなくて
すごくかわいいアミラちゃんですが
 
 
一旦歌いだすと
身体全体がスピーカーの
状態になり
 
 
大きな音量の
透明感あふれる声を
ホールいっぱいに響かせて
 
聴き手のココロを
わしづかみにしてしまいます
 
 
 
 
ということは
 
大きな声を出すために
大きな筋肉が必要なけではなく
 
響く声を出すために
大きな身体が必要なわけではない
 
ということですね。
 
 
 
 
必要なのは
 
声の出し方を知って
実践すること
それだけです。
 
 
 
 
 
 
ちなみに
 
 
出せる声の大きさと
表現の大きさは
できるだ~け
大きなものを持っているほうが
良いです。
 
 
 
たとえば
 
1から3までの声の大きさしか
出せないと
 
1から3までの中でしか
自分で声の大きさを
コントロールすることができない。
 
 
 
ですが
10の大きさまで持っていると
 
聴き手の人数や
話す場面
会場の広さなどによって
 
1から10までの声の大きさを
自分で選んで最適なもの使う
 
というように
 
自分でコントロールができます。
 
表現の大きさも同じく。
 
 
相手や場に合わせた
伝え方ができると
 
聴き手の満足度も
上がりますね。
 
 
 
 
アミラちゃんの歌は
Youtubeに
たくさんアップされています。
とにかく圧巻。
 
よければ
チラリと聴いてみてください。
表現力の勉強にもなります^^
 
 
 

表現力のある
話し方をしたい方はコチラ
https://kando-voice.com/?p=19 
 
 

受講者を感動の空気で包み込み、巻き込み、惹きつける 村松由美子の感動ヴォイスメールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加