講師に必要なのは褒めること


 

講師業の方が
「難しいです~!」
とおっしゃる
 

研修やセミナーなどでのフィードバック。

 
 
受講者の方が
何かしら発表されたり
行動を起こされたことに対して
 
講師はコメントする必要がある。
 
 
 
 
 
たとえば・・・
私が実施している
企業研修のひとつである

プレゼンテーション研修であれば

 
 
その研修の場で
 
受講者の方に1分~5分くらいの
プレゼンテーションを
実際にしていただくので
 
そのプレゼンに対して
講師である私は
フィードバック
返していきます。
 
 
 
フィードバックが難しい
 
とおっしゃる講師の方に
まずお伝えするのが
 

「ほめることはしていますか?」

 
ということです。
 
 
「よし、次はもっとがんばるぞ!」
と、人間やる気になるためには
やはり
モチベーションになるものが
必要です。
 
自分の強み、良さ
改善されたことなどを
ちゃんと見ていて認めてくれ
ほめるなど
言葉で伝えられると
やる気がわいてくるものですね。
 
 
 
 
 
 

こういった
コミュニケーションの取り方

というものは
 
講師業だけではなくて
 
組織にお勤めの
部下を持つ上司の方などにも
同様に大切なものですね。
 
 
以前、
あるところで研修した際に
こうおっしゃった方が
いらっしゃいました。
 
「いやぁ、
ほめることは大事だと思う。
分かる、分かるよ。
でもね・・・
ほめるところが無くてね・・・」。
 
部下指導の研修でした。
 
 
 
はたして
ほめるところが無い
というのは
 
本当でしょうか。
 
答えはコチラ
 
 
 
表現力のある話し方を
したい方はコチラ
 

受講者を感動の空気で包み込み、巻き込み、惹きつける 村松由美子の感動ヴォイスメールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事