セミナーで眠っている受講者に、講師としてどう対応しますか?


 

「眠っている受講者がいた場合
 
どうしたら良いでしょうか」

 
企業研修で

研修講師養成研修を実施すると

このようなお悩み相談をいただく
ことがよくあります。

 

 

さあ、

眠っている受講者がいたとき

どうしましょう(笑)

 

 

 

 

 

関わり方はひとつではありません。

唯一の回答があるわけではない。

 

 

その場その場に合わせた方法を
とれればいいですね。

 

 

「眠っている受講者」

というよりも

 

「眠ってしまいそうな様子の受講者」

を見つけて

 

 

眠る前に対処するほうがいいですね^^

 

 

 

そのためには

 

まず受講者をよく見ていることが
大前提になります。

 

 

 

 

 

私が一番よくやっている方法は

 

・その受講者を指名して質問する
・その受講者の近くに座っている
 受講者をあてて質問する

 

 

あるいは

 

 

その受講者のそばまで歩いていって

すぐとなりの位置に立ち

 

でも
 

その受講者にアイコンタクトを
送るのではなく

 

他の受講者や全体を見ながら

全体に対して大きな声で

講義をする。話す。

 

 

 

 

目線は眠そうな受講者に
向かっていませんので

その受講者を全く責めているのではない。

 

 

けれども

 

 

すぐ真横で大きな声で話をされると
かなりのプレッシャーです。

 

おちおち気持ち良く
眠っていられません(笑)

 

 

 

機会がありましたら

やってみてください^^

 

 

 

 

 

眠りに入らせない
力強い声を手に入れたい方はコチラ

 

 

 


受講者を感動の空気で包み込み、巻き込み、惹きつける 村松由美子の感動ヴォイスメールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事