コミュニケーション能力を高めるために取り入れたい習慣


30分ほど歩くことで

コミュニケーション能力高まる

ことをご存知でしょうか?

 

 

実は歩く、階段を登る…

という規則的なリズム運動は

 

 

幸福感を高めるセロトニンの

分泌を促してくれるのだそうです。

 

 

 

 

なぜ幸せホルモンのセロトニンが

コミュニケーション能力高める

ことにつながるのか。

 

 

 

それは

コミュニケーション能力には

メンタルの安定が不可欠だからなのです。

 

 

生きていれば

いろいろな出来事に遭遇します。

 

時にはトラブル心配事に

心を悩ませることもあるでしょう。

 

 

そんな時は

誰かと話をしていても

どこか上の空だったり

心からの笑顔が出なかったりしますね.。

 

 

30分ほど歩くことで

幸せホルモンのセロトニンの分泌を高め

メンタルを安定させる。

 

 

 

そうすることで

あなた本来のイキイキとした笑顔

感情のこもった言葉が自然とあふれ

 

 

お話している相手に

安心感を与えることができます^^

 

 

 

 

セロトニンの分泌を高めるには

歩くことのほかに

 

 

朝日を浴びる

 

深呼吸をする

 

朝食をよく噛んで食べる

 

といったことも有効だそうです。

 

 

朝、通勤の時には

ひとつ手前の駅で下車して

朝日を感じながら歩く

 

健康のためだけでなく

コミュニケーション能力を高めるために

 

ぜひ習慣にしたいですね^^

 

幸せあふれる

安定した声を身につけたい方はコチラ


受講者を感動の空気で包み込み、巻き込み、惹きつける 村松由美子の感動ヴォイスメールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事