つらさから逃れるために、声を出し話す練習を重ねました


 

 

昨日、
今年の企業研修がすべて完了しました!

そのどれもに最善をつくせ、
結果を出せたと自負しています。

悔いなし!

 

 

 

私は、
大学生のときの学生レポーターを皮ぎりに

 

 

新卒で入った半導体メーカーの広報部門で、
全国を周ってプレゼンテーションをする仕事に従事。

 

 

その後 フリーアナウンサーとなり、
憧れのニュースやレポートの仕事を経験し、
ラジオCMのナレーションと歌で2年連続ACC広告賞受賞

 

 

企業研修の仕事が次々入るようになり、
全国各地で企業研修を実施。

年間登壇数180回
総受講者数 約3万5千人

 

 

今年の8月から
個人の方向けの「感動ボイス」のレッスンをスタート。
セミナーは、満員御礼。

 

 

・・・という感じで、

これだけを聴かれると

「もともと声を出したり
話したりするのが好きだったんでしょ」

と思われる方が大半かと思いますが、

 

 

実は私は

小さいころから極度の内向的な性格で

そんな自分に劣等感を強くもって
生きてきたタイプでした。

 

 

「変わりたい。変わりたい。変わりたい」

 

ずっとそう思って生きてきて、

劣等感が強くて
生きるのがつらいからこそ、

つらさから逃れたいと思い

声を出し、
話す練習を重ねました。

 

 

そうする中で

上に書かせていただいた
経験を積むことができるまでに
自分を変化させることができました。

 

 

はっきり言って、

プレゼンテーションや
コミュニケーションは、

練習の世界です。

 

練習を積むと
必ずできるようになるし、

上手くなります。

 

 

「生まれ持ったものでしょ」

という方もいますが

決してそうではありません。

 

私自身が、その証明です。

 

 

 

やれば必ず上達するのが
話し方。

ということは

逆を言うと

 

やらなければ
上達はしないのも、
話し方。

 

すごくシンプルです。

 

 

私の場合は、

聴き手を巻き込むための声を
手に入れることや

伝わるプレゼンテーションを
手に入れることに
思考錯誤を繰り返し

かなり時間がかかりました。

 

 

でも、

そんなに時間をかけずとも
手に入れることはできるはず。

 

そう考え、

 

大学院にまで行って、
研究を重ねました

 

 

そして、

見つけることができました。

 

短時間で、簡単に
声が変わる方法。

 

変えることで
メンタルアップまで得られる実証を出し、
ヨーロッパと日本の心理学会で発表。

 

聴き手を自分の世界に巻き込んでいく
話し方、伝え方。

 

 

私が長年かけて手に入れたものを
あなたに短時間で
身に着けていただきます。

 

 

 

声や話し方を変えて
堂々と自信をもって
2015年のスタートを切りたい方、

1月のセミナー日程が決まりましたので
お越しください。

 

 

14時~17時
懇親会ありです。

 

お申込みは
ご入金順とさせていただきます。

 

 

 

~受講者を感動の空気で包み込み、
 巻き込み、惹きつける~

『3万人の受講者をつきうごかす
 ”感動ボイスのつくり方セミナー” 』

https://kando-voice.com/?p=19

 

 
■1/12@飯田橋  残席1名 
■1/15@飯田橋  残席5名 
■1/23@飯田橋  残席2名

 

 


受講者を感動の空気で包み込み、巻き込み、惹きつける 村松由美子の感動ヴォイスメールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事