話し手の情熱が、聴き手の心を動かす


 

今までたくさんの方の
プレゼンテーションを
聴いてきました。

 

話し方の上手さも
もちろん大切ですが、

話の中に

話し手の想い
乗っているか否か

 

は、ものすごく重要ですね。

 

 

話し方が多少
たどたどしかったとしても

とにかく一生懸命
伝えようとしている話し手の話は

 

なんとか理解しよう

という気持ちで聴く

聴き手を生み出したりします。

これも人情ですね。

 

 

 

情熱の科学が存在します。

 

結論としては、

 

情熱は伝搬する

 

ということです。

 

 

 

 

情熱は相手に伝わり

相手のココロを動かし

行動を変える。

 

 

 

いくつかの研究の中のひとつを
ご紹介します。

 

 

出資を求める起業家の事例です。

 

 

投資家たちの前で

起業家たちがひとりひとり、

自分の事業への出資を求める
プレゼンテーションをしました。

 

その結果を分析してみると

 

プレゼンターから
投資家に伝わった情熱と、

投資家が出資する可能性には
正の相関が確認された。

 

 

つまりは

 

投資家は

情熱を感じる起業家に
出資する可能性が高い

 

ということ。

 

 

視点を逆にしてみると、

出資を求めたいのならば

人からの協力を得たいならば

情熱を感じさせるような
プレゼンテーションができる
必要がある

 

ということです。

 

 

 

話す内容に対する想いの強さ、

そして

表現力が必須

 

ということになります。

 

 

表現力を身に着けたい方はコチラ

https://kando-voice.com/?p=19


受講者を感動の空気で包み込み、巻き込み、惹きつける 村松由美子の感動ヴォイスメールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事