自分軸づくりには、 声づくりが役に立ちます


 
 
 
今日は世界の偉大なリーダーの
プレゼンテーション事例
心を動かされるコトバシリーズです。
 
 
 
若い人は
恋するための時間が必要なんだ。
子どもができたら
子どもと過ごす時間が必要だし
友達がいたら
友達と過ごす時間が必要なんだ。
 
 
働いて 働いて 働いて
職場との往復を続けていたら
いつの間にか老人になって
唯一できたことは
請求書を支払うこと。
 
 
若さを奪われてはいけないよ。
ちょっとずつ使いなさい。
 
そう
 
まるで素晴らしいものを味わうように
生きることにまっしぐらに。
 
 
 
 
 
 
こう話したのは
世界一貧しく
世界一国民に愛された
ウルグアイ 第40代大統領
ホセ・ムヒカ氏
 
貧困家庭に生まれ
家畜の世話や花売りなどで
家計を助けながら育ち
ゲリラ組織に加入。
軍事政権が終わるまで
13年近く収監された。
 
 
大統領なってからも
大統領公邸には住まず
郊外の質素な農場に妻と住み
菊を栽培。
 
 
収入の9割を寄付していたため
生活費は1000ドルほど(約10万円)
仕事をするときの服装も
ノーネクタイにサンダル。
 
 
庶民の視点に立つという哲学
貫き通した一方で
より幸せに生きられる
国づくりにおいて業績を上げ
エコノミスト誌が
2013年の「Country of the year」
ウルグアイを選び絶賛。
 
 
 
 
 
 
とにかく とにかく
掴むために 力をつけるために
学びとるために
がんばる時期も大事。
 
だけれども
見失ってしまっていないか。
生きる意味を
ちゃんと生きているか。
バランスがとれているか。
 
バランスをとって
自分軸を持ち生きること。
 
実はそんなメンタルづくりには
も一役買うのです^^
 
いい声を出したい方はコチラ

 


受講者を感動の空気で包み込み、巻き込み、惹きつける 村松由美子の感動ヴォイスメールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事