やわらかな余裕が魅力的な声をつくる


 
 
今日は世界の偉大なリーダーの
プレゼンテーション事例
 
心を動かされるコトバ
 
シリーズです。
 
 
 
春を楽しむように
人生を楽しむ心があるならば
やがてまた
春のそよ風のように
心もやわらいで
生きがいも感じられてきます。
 
 
 
 
日本の実業家
発明家 著述家
 
パナソニックを一代で築き上げた
経営の神様
 
松下幸之助氏
 
 
80歳を機に現役を引退して
相談役に退き
私財70億円を投じて
財団法人松下政経塾を設立し
政界に貢献しようとした。
 
 
 
 
難しく考え込んでしまうと
物事を楽しめない。
 
余裕もなくなってしまう。
 
 
 
声を出すときも同じ。
 
この出し方でいいのかな
 
息を吸うのは鼻からかな
 
お腹を使えてるかな
 
 
 
左脳を使えば使うほど
 
筋肉は硬直し始める。
呼吸を浅くし
喉を締め
 
声がでない状態をつくっていく
 
やわらかく楽しむ気持ちで
 
余裕をもつと
 
なんとも心地よく響く
魅力的な声が出るのです^^
 
 
 
 いい声を出したい方はコチラ
 
 
 

受講者を感動の空気で包み込み、巻き込み、惹きつける 村松由美子の感動ヴォイスメールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事