改善点や課題点を伝えるときはサンドイッチ話法で


 

改善点や課題点の伝え方に
サンドイッチ話法というものがあります。

 
  
そう、
むしゃむしゃ食べる
サンドイッチのようにして
課題点を相手に伝えるのです。
 
 
 
 
 
 
プラスのパンで
マイナスの具をはさんで
相手に差し出すと
 
「あ~、おいしいですねぇ!」
 
と、マイナスの具もすんなりと
お腹の中に入れてもらえる
話法です。
 
 

プラスのフィードバックをしてから
マイナスのフィードバックにうつり
そしてまた
プラスのフィードバックをする。

 
 
 
たとえば
プレゼンについての
フィードバックであれば
 
 
「〇〇さんは
論理的でいらっしゃるのですねぇ。
論理的な文章構成で
すごく分かりやすかったです。
 
そうですね、
アイコントクトが
少し少なかったかもしれませんね。
アイコンタクトを
もっとしっかりとられると
伝えたい!という想いを
聴き手側はさらに強く
感じることができたかと思います。
 
いやぁ、それにしても
話しの内容が
論理的に整理されていて
すごく分かりやすかったですよ」
 
 
 
 
なんていうのが
サンドイッチ話法です。
 
 
この話法の
さらに詳しい内容についてはコチラ
 
 
 

論理的な話し方を
手に入れたい方はコチラ

 


受講者を感動の空気で包み込み、巻き込み、惹きつける 村松由美子の感動ヴォイスメールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事