情熱を感じる声や話し方のカギをにぎるのは、呼吸の使い方


 

 

話し手の想いや情熱を感じる話し方

感じない話し方、

 

どちらのほうが
聴き手として惹かれるか。

 

 

 

いわずもがな

 

想いや情熱を感じる話し方の
プレゼンテーション

に惹かれる。

 

 

のみならず

 

話し手、「その人」自身に惹かれる

という方が圧倒的に
多いかなと思います。

 

 

 

 

 

今までたくさんの方の
プレゼンテーションを拝見して

お聴きしてきましたが

 

 

その多くの方の話しぶりからは

 

「あまり想いが伝わってこないなぁ・・・
  残念だな」

 

と思うことが多かったです。

 

 

 

想いが伝わるか
伝わらないか。

 

 

実はそこには


「呼吸の使い方」

が関係しているのです。

 

 

 

セミナー受講くださった方から
感想をいただきましたので
ご紹介させていただきます^^

 

 

 

【参加した感想】

 

声の小ささを改善したくて
セミナーに参加しました。

 

セミナーに参加して

 

声を大きく出すというよりも

 

通る声をつくることができ

自分の声の変化に嬉しくなりました。

 

 

はずかしさは
まだ残りますが

 

先生が優しく
とてもとても丁寧で

とても楽しい時間でした!

 

本当にありがとうございました。

 

 

大勢の前で

情熱のこもった講師をしたい方に
このセミナーはおすすめです。

 

 

 

萩原志乃さま
神奈川県 30代 女性

 

 

 

 

 

ありがとうございます!

 

かわいい印象と
かわいい声のトーンはそのままに

すごく通る声になりましたね!

 

その相手に届く声を

1対1のセッションなどの
やりとりでも活用ください^^

 
 
 
 
 
 
 
情熱のこもった声を
作りたい方はコチラ
 
 

受講者を感動の空気で包み込み、巻き込み、惹きつける 村松由美子の感動ヴォイスメールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事